不動産投資が増えています|マンションのメンテナンスと空室対策|サポート会社を利用する

マンションのメンテナンスと空室対策|サポート会社を利用する

女性

不動産投資が増えています

電卓を持つ人

税効果に魅力があります

マンション経営を投資の一環として始める人が増加しています。その理由の一つは税効果です。マンション経営では建物の減価償却が税務上の経費として認められます。実際にキャッシュアウトがある経費ではありませんが、建物の経年劣化としての資産価値の減少が経費になります。その分だけ節税ができることになります。減価償却による節税は金融資産への投資と比較して大きな魅力になります。また、不動産は相続税の資産評価において一定の減税効果があります。金融資産と比較するとその減税効果は大きく、特にマンション経営では土地の評価が貸家建付地として評価減を受けられる点が魅力になります。このように税務面のメリットがあるのでマンション経営を始める人が増加しているのです。

投資環境は好転しています

マンション経営で不安なことは、入居者の確保と賃料水準の確保です。空室では賃料は入りませんし、賃料が低下したのでは収支が合わなくなってしまいます。過去にはマンション経営が難しい時期もありましたが、近年は景気が回復基調にあることから、その点の不安が少なくなっています。特に東京、名古屋、京阪神の地区はその傾向が高くなっています。賃貸マンションにおける需給関係では需要が供給を上回っていますので、安定した賃料で高い入居率を維持できる環境になっています。このタイミングでマンション経営を始める人が多いので、銀行やその他の金融会社が賃貸マンション購入のための融資を積極的に行っており、低金利の恩恵もあって利用者が増加しています。